お金を借りる

お金を借りるならネットで


おススメのカードローン〜お金を借りるならここ!

お金を借りる目的は様々だと思いますが、ネットで便利に借りるのならカードローン・キャッシングです。
カードローンやキャッシングといっても、実際にお金を借りる金融機関は、銀行、信販会社、消費者金融などがあり、商品・サービスも様々ですね。そんな中からおススメのカードローンを紹介します。

 

お金を借りる目的が自由で無担保・無保証人でもOK!

カードローンやキャッシングと呼ばれる商品は、住宅ローンやマイカーローンなどの目的型ローンとは違い、使用目的が自由で、かつ無担保・無保証人でもお金を借りることができます

 

必要なときに何度でもお金を借りることができる極度型

また、銀行や大手消費者金融が提供している、カードローンやキャッシングサービスは「極度型」という、利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れ可能なタイプのローンとなっています。

 

 

アコム(はじめての方におススメの一枚!

 

CMでお馴染みの消費者金融のカードローンです。ネットで契約まで可能で最短1時間融資も可能です。
一定の収入があれば主婦でも借りることができます(専業主婦を除く)。

>> 詳細はこちら

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

 

都市銀行のカードローンで、最短即日利用も可能です。銀行は総量規制の対象外です。
三菱東京UFJ銀行の口座は必要ありません

>> 詳細はこちら

 

 

りそなプレミアムカードローン

 

りそな銀行のカードローンで、最短当日審査回答が可能です。銀行は総量規制の対象外です。
りそなの口座はなくても申し込めますが、契約までに開設が必要です。

>> 詳細はこちら

 

 

プロミス

 

消費者金融のキャッシングです。レディースキャッシングもあります。即日融資も可能(※)です。
メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で30日間無利息になります。
(※平日14時までにWEB契約完了が必要)

>> 詳細はこちら

 

 

アイフル

 

お馴染みのアイフルも、来店不要でネットで手続きが完了し、即日融資も可能です。
WEB手続きならカードは時間指定・本人限定配送で家族に知られずに受取可能です。

>> 詳細はこちら

 

女性専用のサービスもあります!

プロミス レディースキャッシング

 

プロミスのの女性専用キャッシングです。WEB契約なら即日融資も可能(※)です。
女性オペレーターが対応してくれます。パート・アルバイトの方も申込み可能です。
(※平日14時までにWEB契約完了が必要)

>> 詳細はこちら

 

 

 

 

ネットからお金を振り込んでもらうことも可能

消費者金融なら、契約しておけばカードでのキャッシングだけでなく、いざというときにネットから申込んで口座に振り込んでもらえます。

カードローン・キャッシング選びのポイント

カードローンやキャッシングを選ぶときのポイントはたくさんありますが、その大きなものとしては、金利や最高融資額と考える人が多いでしょう。。

 

しかし、金利には下限金利と上限金利の幅があり、融資可能額とともに審査により決定されるものなので、金利や最高融資額によって商品を選んだとしても、審査結果は同じでお金を借りる条件は変わらない可能性もあります。

 

ですから金利だけにとらわれず、「返済方法が不便でないか」とか、急にお金を借りる必要ができたときなどに振込サービスなどによって「即日融資が可能か」などで商品を選ばれる方も多くいます。

 

ただ、審査に自身のない方は上限金利の低い商品を、高額融資を受けたい方は下限金利の低い商品を選ぶという選択肢もあると思います。

 

また、個人への融資に適用される総量規制についても、銀行のカードローンであれば、その対象外となることも忘れてはいけません。

 

そのほかにも、商品の特徴は様々なので各商品の貸し付け条件をしっかり把握して、自分がお金を借りる場合に一番最適な商品を選ぶ必要があります。

 

総量規制対象外のローンはこちら

キャッシングが役立った時

お金を借りるオペレーター

私が実際にキャッシングをしてみて本当に有り難かった時といえば、給料日前にいきなり弔事の予定が入ってしまった時です。

 

給料日直前にもかかわらず、突然遠方の土地まで急ぎで出向く必要性が生じてしまい、弔事へ行くためのお金や交通費などの諸費用の捻出に非常に頭を悩ませました。

 

私は今までお金を借りるといった経験はなく初めてでしたが、友人や同僚にも貸してほしいとは言いだせませんでした。そこで、思い切って消費者金融でお金を借りることにしたのです。

 

結果として、消費者金融を活用したおかげで無事に急な出費も乗り切れて助かりました。最近の消費者金融は申込みをしたらすぐ対応してくれるサービスが多く、非常に有り難いです。

 

ネットからの申込みもできるようですが、私の場合には無人店舗の消費者金融へ出向き、自動契約機を使ってキャッシングを行ないましたが、申込みから審査完了までには一時間もかからなかったですし、非常に手続きがスピーディーですぐに必要なお金を用意できたので感激しました。

 

おかげで不義理をすることもなく法事に出向き、帰ってくることが出来ました。キャッシングは初めてのことでしたが、この先も突発的にお金が必要になる事があるかもわからないので、一度経験しておいてよかったと思っています。

 

急な出費の金額次第でお金を作る方法を変更

お金を借りる男性

どうしても避けられない急な出費が必要となった場合、私は金額に応じてお金を作る方法を変更させます。

 

私は出来る限り人には頼りたくないので、まずは自分の所持しているものを質屋にいれてお金になりそうなものがないか確認します。この方法で必要なお金がまかなえれば良いのですが、もしこれでも足りない場合。

 

そのような場合は足りない分だけを人から借りることにします。誰から借りるかが非常に重要になってきますが、二万円以内なら友人から借りて二万円から五万円の範囲なら身内から借りる方法でまかないます。

 

そして五万を超えるようなら、私はとても人にお願い出来ないのでついにキャッシングを利用します。お金は人間関係にヒビを入れかねませんし、何よりもお金を借りたことで対等関係のお付き合いを出来なくなるのが嫌なのです。

 

今はキャッシングもインターネットで即日借り入れ出来る場合が多いので、5万円を超えるようなら私は迷わずキャッシングを利用します。これまでの話はキャッシングのカードを持っていない場合になりますが、もし既にカードを持っていたらいかなる金額でも私は迷わずキャッシングで急な出費をまかないます。

 

教育のためだったら、お金を借りやすいかも

教育のためにお金を借りる

お金を借りるときって、もちろん人によりそれぞれ理由があるわけです。

 

そして、お金を借りる理由によっては、親や知り合いからも借りやすいと思います。例えば、自分の子どもの教育のために、お金を借りたいというならば、親や知り合いからもお金が借りやすいと思います。

 

実際に自分の子どもの教育資金って、本当にお金が掛かるんですよね。そのため、人によっては自分の両親などに、お金を借りると思います。その場合は、親も自分の孫のためにと思えるため、お金を貸すときは抵抗がないはずです。

 

この理由から、教育資金って大変借りやすいものだと言えます。

 

そして、それでもお金が借りられなかったときは、やはりキャッシングですね。キャッシングならば、比較的すぐに誰でも借りられるため、教育資金を借りるためにも良い選択になると思います。

 

このように、教育資金は親や知り合いから借りやすく、優先順位は高いですがキャッシングも選択肢としてはアリだと思います。