カテゴリー別アーカイブ: お金を借りるサービス

イメージだけで避けるのは、もったいないです。

貸金業者というと、どうしてもイメージが悪いものとして捉えられがちですが、いざお金に困った時には一番頼れる存在なのは間違いありません。

貸金業者に手を出すのは最後の手段で、それ以外でできる限りなんとかしようと仰る方もいます。
その理屈は勿論分かるのですが、そのできる限りの手段が身内や友人に対する借金の場合、それは順番が逆なのではと思うのです。

身内や友人に借りる場合、まず希望額が借りれるかどうかはわかりません。
利子が取られるかどうかは人次第ですが、普通に考えて多めに返すか御礼の品を送る事になるでしょう。
そして借りられたとしても、その後の人間関係に不和を招くリスクが付きまといます。

貸金業者でお金を借りる場合、この手のリスクは避けることができます。
取られるのは利子だけで、しかも余程高額でない限り希望額が最速なら当日で手に入ります。
利子は、リスク回避の必要経費と言えるでしょう。

お金はまたコツコツ働けばいつかは取り返せますが、お金の問題で生じた人間関係はこじれると修復が効きません。
誰だって借金を申し込んでくるような人と長く付き合いたいとは思わないので、相手側の対応は当然です。

そう考えると、お金を借りる優先順位はむしろ人相手が最後の手段だとは思いませんか?お金が足りない時というのは、中々冷静な判断ができませんが焦ってはいけません。

取り返しの付くもので、かけがえの無い身内や友人を失うのは勿体無いですよ。

友人からはお金を借りない方がいいと思っています。

私は友人からお金を借りたことがありません。確かに友人からお金を借りると利息も取られませんし気軽に借りれそうなイメージがあります。

しかしお金を貸した方は重荷に感じる物です。例え三万円ほどのお金であっても早く返して欲しいと貸した方は思っています。

一方借りた方は三万円くらいなくても生活に困る額でもないし少々返すのが遅くなっても大丈夫だと思いがちです。相手はお金を貸して欲しいから貸したのであってお金を上げたわけではありません。

借りた側が誠実な態度を見せてくれないとお金を貸した側が怒るのは当然だと思います。こういういざこざが嫌で自分は他人からお金を借りませんし、また貸したりもしません。

もし万が一お金が必要になった時は銀行や消費者金融から借りるようにしています。最近はカードローンという申し込みが簡単で審査も速いサービスがあります。金利は高めに設定されていますが面倒な手続きがほとんどないので急いでお金が必要になった時に助かります。

契約を交わしてお金を借りるのでちゃんと返済日にしっかりお金を返さないと大変なことになりますが。