月別アーカイブ: 2014年1月

友人からはお金を借りない方がいいと思っています。

私は友人からお金を借りたことがありません。確かに友人からお金を借りると利息も取られませんし気軽に借りれそうなイメージがあります。

しかしお金を貸した方は重荷に感じる物です。例え三万円ほどのお金であっても早く返して欲しいと貸した方は思っています。

一方借りた方は三万円くらいなくても生活に困る額でもないし少々返すのが遅くなっても大丈夫だと思いがちです。相手はお金を貸して欲しいから貸したのであってお金を上げたわけではありません。

借りた側が誠実な態度を見せてくれないとお金を貸した側が怒るのは当然だと思います。こういういざこざが嫌で自分は他人からお金を借りませんし、また貸したりもしません。

もし万が一お金が必要になった時は銀行や消費者金融から借りるようにしています。最近はカードローンという申し込みが簡単で審査も速いサービスがあります。金利は高めに設定されていますが面倒な手続きがほとんどないので急いでお金が必要になった時に助かります。

契約を交わしてお金を借りるのでちゃんと返済日にしっかりお金を返さないと大変なことになりますが。

借金申し込みの時に考えること

お金を借りるときは、まず相手を考えます。

銀行は、定期的な収入がないので断られるだろうし審査も厳しそうなので利用したことはありません。

金融会社は、贅沢品の為にお金が足りなくなったときに利用します。利子を考えるともったいない気持ちがあるのですが、さすがに、「○○買いたいからお金貸して」とは、両親や友人にはいえないからです。怒られそうですし、呆れられてしまいそうで怖いです。

贅沢品以外のもの、どうしても必要な生活用品購入や家賃支払いなどは、両親から無利子で借ります。

できればそのまま貰ってしまいたいくらいの気持ちですが、一応少額ずつ返却しています。少額でも返却しないと、もう二度と貸してくれないのではという気持ちもあります。

金融会社・両親、どちらにしても、借金申し込みをするときは、もっともらしい理由を考えて、自分を正当化しています。なんとなく正当化しないと気分が落ち込みそうで・・・。本来なら借金はしないほうがいいというのもわかってはいるんですけどね。

住宅や車を購入するときは、もちろんローンでいいと思います。