月別アーカイブ: 2014年6月

急な出費でお金を借りなければいけない時は、一度冷静になることです

急な出費がきたとしても、信用関係ができていなければお金を借りることは難しいものです。
どこで借りるにしても、信用を失う可能性が高いです。
急なことで、とにかく借りなければと考えて焦って行動してしまいがちですが、そういう時こそ一度冷静になることが重要です。
まずは、以前にお金を貸した人はいないか思いだしてみるべきです。
そうすれば、お金を借りても比較的信用を失わない相手をみつけることができます。

カードローンなどに契約していれば、必ずそこから借ります。
人から借りればもめる可能性がありますが、カードローンなどであればきちんと返せば問題にはなりません。
どうしても人から借りなければいけない場合は、親がいいです。
家族の中の問題になるので、噂になることがありません。
友人や知人から借りれば、少なからず噂になる可能性があり、いいことがありません。
お金の貸し借りは、急な出費とはいえいいように思われることがありません。
もちろん、お金がない以上借りるしかありませんが慎重に行動しなければいけません。

いつでもやっぱり世の中お金が物を言うから?

「お金を借りる」という行為自体は、誰もができることなら避けたい事だと思います。
借りたとしても、どこかでずっと借りたことを後悔してしまうような気もします。

しかし、お金を借りる人は本当に多いと思います。
一番の理由って、やっぱり「生活に困っている」「家のローン」など現実的なお金なのかなと思います。
生活に困っている人がお金を借りてしまうと、どうやって返すのかと疑問にも思いますし、
ないから借りたのに、ない中で返すことなんて非常に厳しいとも思います。
もちろん、旅行で一時金として借りる場合や就学金の為に借りなくてはいけない事もあります。
でも、そういうのは一時期的なもので、継続して借りることは少ないと思います。
「生活に困っている」場合は、継続して借りることになると思うのです。
最初は、今回だけと決めて借りると思います。
しかし、1度借りてしまえば、次また困った時にちょっとだけいいかな?と借りてしまう。
そして、お金が借りれる安心感が出てきて、悪循環になる…結果的に人生が狂う場合もあります。

実際に経験しましたが、
借りれる安心感は絶対に持ちたくないです。
クレジットカードのキャッシング枠で自分は借りていましたが、それでも毎月大変でした。
でも、借りたくない気持ちは誰もがあると思います。
それでも借りてしまうのは、世の中、お金がないと出来ないことが多いからなのかなと思います。
物価も高いですし、税金など生活する中でお金にまつわる事が多すぎる。
お金のない人は日々苦しい、お金のある人は余裕があるのでそこそこいい生活ができる。
そう思った時に、やっぱり世の中お金。お金が物を言うんだなと感じました。