タグ別アーカイブ: 身内

イメージだけで避けるのは、もったいないです。

貸金業者というと、どうしてもイメージが悪いものとして捉えられがちですが、いざお金に困った時には一番頼れる存在なのは間違いありません。

貸金業者に手を出すのは最後の手段で、それ以外でできる限りなんとかしようと仰る方もいます。
その理屈は勿論分かるのですが、そのできる限りの手段が身内や友人に対する借金の場合、それは順番が逆なのではと思うのです。

身内や友人に借りる場合、まず希望額が借りれるかどうかはわかりません。
利子が取られるかどうかは人次第ですが、普通に考えて多めに返すか御礼の品を送る事になるでしょう。
そして借りられたとしても、その後の人間関係に不和を招くリスクが付きまといます。

貸金業者でお金を借りる場合、この手のリスクは避けることができます。
取られるのは利子だけで、しかも余程高額でない限り希望額が最速なら当日で手に入ります。
利子は、リスク回避の必要経費と言えるでしょう。

お金はまたコツコツ働けばいつかは取り返せますが、お金の問題で生じた人間関係はこじれると修復が効きません。
誰だって借金を申し込んでくるような人と長く付き合いたいとは思わないので、相手側の対応は当然です。

そう考えると、お金を借りる優先順位はむしろ人相手が最後の手段だとは思いませんか?お金が足りない時というのは、中々冷静な判断ができませんが焦ってはいけません。

取り返しの付くもので、かけがえの無い身内や友人を失うのは勿体無いですよ。

10万必要になったらまずは身内に、ダメならキャッシング

10万円というお金が必要になった場合は、そう簡単に直ぐに用意することは難しいと思います。
10万円が必要になる場面って、意外にあるような気がします。

実際に私のケースとしては、家賃などが生活費が足りなくなることがありました。
生活費で10万程必要な時って結構あると思います。

私がどうしても10万円必要になったとしたら、まずは親や兄弟など、一番近い身内に頼みに行きます。
友人から借りると言う手もありますが、友人同士のお金の貸し借りは何かと後々トラブルになることがあるのであまり好きではありません。
やはり一番の解決する方法としては、身内に頼るという方法をとる方が一番多いのかなと思います。
私だったらそうします。

ただ、10万円と言うお金をいくら身内でも直ぐに貸してくれるのかはわかりませんし、直ぐに借りれないこともあると思います。
そうならないためにも、二重三重に借りる方法を知っておくのが便利です。

もし身内が駄目だとしたら、私はキャッシングを利用します。

10万円ならキャッシングでも即日で直ぐに融資を受けることができますから、本当に頼る人がいなくどうしようもない場合はキャッシングを利用することになると思います。