タグ別アーカイブ: 銀行

お金を借りることは使用用途によっては有用だと思います

大抵の人は、給料を月々貰うので、多少の上下はあるものの、収入ペースはほぼ一定です。
大きな資金を準備するには、長い時間がかかります。
しかし、長い人生の中で支出のペースは、一定ではありません。
そのため、お金を借りる事は、とても効率的なシステムとなる場合があります。

その良い例が住宅ローンです。
住宅は建築後、購入者に長期間に渡って価値をもたらします。
購入した月だけ、価値があるわけではありません。
しかし、一回で購入するとなると費用は月の平均を大幅に上回る支出です。
長期間の価値を、長期間のローンで購入するのはとても理にかなっていると思います。
同様の理由で、自動車や教育に必要な資金を借りることは、必要な制度だと思います。

銀行や、消費者金融はでたらめに金利を決めているわけではありません。
金利の高い商品ほど、業者にとってはリスクが高い貸し付けになっています。
住宅ローンや自動車ローンは、使い道の自由なフリーローンに比べて金利が低くなっています。
場合によっては、半分の金利で契約できます。
これは、住宅や車そのものが担保になることも要因ですが、ローン利用者が返済不能になる確率が低いからでもあります。

一方、フリーローンは使い方が自由な分、注意が必要だと思います。
金利を支払う価値のある、使い方なのかを十分に考える必要があるのではないでしょうか。

友人からはお金を借りない方がいいと思っています。

私は友人からお金を借りたことがありません。確かに友人からお金を借りると利息も取られませんし気軽に借りれそうなイメージがあります。

しかしお金を貸した方は重荷に感じる物です。例え三万円ほどのお金であっても早く返して欲しいと貸した方は思っています。

一方借りた方は三万円くらいなくても生活に困る額でもないし少々返すのが遅くなっても大丈夫だと思いがちです。相手はお金を貸して欲しいから貸したのであってお金を上げたわけではありません。

借りた側が誠実な態度を見せてくれないとお金を貸した側が怒るのは当然だと思います。こういういざこざが嫌で自分は他人からお金を借りませんし、また貸したりもしません。

もし万が一お金が必要になった時は銀行や消費者金融から借りるようにしています。最近はカードローンという申し込みが簡単で審査も速いサービスがあります。金利は高めに設定されていますが面倒な手続きがほとんどないので急いでお金が必要になった時に助かります。

契約を交わしてお金を借りるのでちゃんと返済日にしっかりお金を返さないと大変なことになりますが。